CLI拡張ツール【Fig】を導入したら超ハッピー開発ライフが待ってた

Fig
  • URLをコピーしました!

こんにちは!RYOTAです!

当記事をご覧いただきありがとうございます!

拡張ツール【Fig】を導入してみたのですが、想像以上に良いツールだったので簡単にご紹介いたします。

目次

はじめに

まずはじめに、今回紹介するFigについてですが、こちらはターミナル等のCLIツールの拡張サービスになります。

公式サイトを見てみると

あなたのターミナルが生まれ変わる

と、トップ画面に大袈裟な文字が!!!

しかもトップ画を見るとコマンドが自動補完されているようですね!!!

これは入れるっきゃ無い!!!

導入方法

早速導入してみましょう!

と言っても公式サイトのダウンロードボタンをポチッとするだけです!!

公式ページ

インストール後はそのまま起動するだけ!

起動ができると自動でセットアップが始まるので、いくつか許可をしてあげると使えるようになります!

使ってみた

導入はものの2分ほどで完了したので早速使ってみます。

普段はiTerm2を使っているのでとりあえず起動。

オートコンプリート機能

git と打ってみるとgit コマンドの一覧が出てくるゾ!!

普通はgit a と打った後にタブを押すと補完をしてくれますが、Figを導入するとgit を打っただけでgitコマンドの一覧が出てきます!

あとはセレクトしてエンターを押すだけ!ヤバい!!

当然、git コマンドだけでなくシェルコマンドはだいたい出てくる…ヤバい!!

ほとんどのCLIに対応 / しかも自動

iTerm2への導入設定をせずに自動で反映出来たので「さては…?」と思いVSCodeも開いてみると…

使えるではありませんか…!!!

(公式にもしっかり載ってる)

インストールするだけで既存のエディタやCLIに自動反映してくれる神設計!!!

yarn / npm だけでなくdocker / awsコマンドにも対応

もう一つビビったのがこれ。

Linuxコマンドだけでなく yarnnpm コマンドにも対応!!(これはヤバい)

しかもそれだけではない。dockerコマンド や aws CLIにも対応しているとは!!

さいごに

実際に導入してみて思ったことは、、、神!!!

これPCを購入したら最初にインストールすべきツールでは???というくらい神がかったツールです!!!

開発者はほぼマストで入れておきたいですね!!!

以上。簡単な感想でした。

最後までご覧くださりありがとうございました。

Fig

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次