Web開発ログ | エンジニアに役立つ情報 | 開発の中での気づきを発信

高卒Devlog

モダンフロントエンド交流会【12月10日@秋葉原】LT&交流会・イベントレポート

thumbnail

こんにちは! RYOTAです!

当記事をご覧くださりありがとうございます!

フロントエンドエンジニア限定のイベントを開催しましたので簡単なレポートとしてまとめております!

はじめに

私が運営する【Developers Guild】では定期的にイベントを開催しております。
今回は初の試みとしてフロントエンドエンジニアに特化したイベントを開催いたしました。
参加者の皆さま、ありがとうございました!
今回もLTのパートを交流会のパートに分けて実施。
LT発表資料は下記にまとめておりますので、気になる方は是非ご覧くださいませ。

LT登壇者

RyoCa「今日から使える ECMAScript 2023」

@RyoCa_dev Twitter
ECMAScript-今日から使える便利なコード-@2022.12.10(共有用) ECMAScript 2022.12.10 RyoCa 今日から使える便利なコード Google Docs

RYOTA「Web技術でデスクトップアプリ!!? 〜 Electron のすすめ〜」

@WEBERYOTA Twitter
Web技術 で デスクトップアプリ !!? 〜 Electron のすすめ〜 Speaker Deck

Reactおじさん「Jotaiをプロジェクトに導入してみた」

@react_nextjs Twitter
Jotaiをプロジェクトに導入してみた Jotaiをプロジェクトに導入してみた @react_nextjs 2022/12/10 Google Docs

sammiya「Mantine が実現するスタイル拡張に対して開かれた汎用コンポーネント」

Mantine が実現する、スタイル拡張に対して開かれた汎用コンポーネント こちらの交流会の LT 登壇に使用したスライドです https://devguil.connpass.com/event/266712/ Speaker Deck

MarkLee「react-hook-formとMUIについて」

@Mark_with_M Twitter
https://docs.google.com/presentation/d/1Z7VhHU5iubAQNhe39Qc4an-eRUtPyivn/edit#slide=id.p1

カルキチ副島「Tanstack Queryを使ってデータの取得や変更以外の情報もグローバルステートとして管理する」

@karukichi_yah Twitter
Tanstack Queryを使ってデータの取得や変更以外の情報もグローバルステートとして管理する/Management global state using to tanstack query. Speaker Deck

参加者の声

今回も丸の内でパーカーさんが感想記事を書いてくださった!!!
@Mark_with_M Twitter
マジ感謝です!!!
[エンジニア勉強会]登壇してみたので感想を...|Byungsoo Lee 以前こちらの記事で、エンジニア3年目にして初めて勉強会に参加してみた感想を綴ったのですが、今回はあれから一ヶ月経って、おこがましくも同じ主催者の勉強会にて「登壇」させていただきました。(参加した勉強会はこちら) ペーペーな技術力でも何か伝えられたらなと思い一週間前くらいから用意してみたのですが、「資料を用意して人前で説明」ということが思いのほか大変でした。 人生でプレゼンなどは何度も経験してきましたが、勉強のために知識を伝えるということはそれらとは全く異なることであったため、勉強会に登壇して気づいた点や、どういう工夫を行ったか書いてみたいと思います。 長々と下記で書き綴ってますが、簡単 note(ノート)
下記はTwitterでの反応となります♪








感想

情報共有の好循環が生まれている!!

過去の勉強会で情報共有された内容が実際に現場で導入され、さらに導入した人が情報を共有するという好循環が生まれ始めていて超感動しました!!
5月のイベントでReactおじさんが共有してくださったUIライブラリのMantine。
https://onedrive.live.com/view.aspx?resid=7646A55D8C12B970!12652&ithint=file%2cpptx&authkey=!ALnsoVf_iYEzyxw
sammiyaさんが現場でMantineを実際に導入し、かつ汎用性の高いコンポーネントを作成。
その内容を今回のLTで発表してくださるという胸熱な展開に!!
Mantine が実現する、スタイル拡張に対して開かれた汎用コンポーネント こちらの交流会の LT 登壇に使用したスライドです https://devguil.connpass.com/event/266712/ Speaker Deck
情報共有→実践導入→情報共有の流れができてとても良い!!
こういうケースをもっと増やしたいなと思いました!!

キャッチアップ早ッ!!

LTの発表内容を翌日には自分で試しちゃう猛者が...!!
このキャッチアップ速度は見習わねば!!


ディスカッションがアツい!!

各テーブルを回らせて頂きましたが、LT登壇者への質問や周辺技術を深ぼる会話がなされてとても良きでした!!
ライブラリの作成方法やpackage.jsonのプロパティといったニッチな会話もされていて、フロントエンド限定で開いた効果が一定現れていたのかなと感じました!!
ある程度技術スタックを揃えると会話の深みが増すと感じたので、今後はReactに絞ったりバックエンドの特定の技術に絞ったりと色々試していこうと思います。

さいごに

簡単ではございますが12月のイベントのまとめとなります。
今回は初のフロント特化イベントを開いてみましたが、技術を絞った方が深い会話が出来るのでまたテーマを絞って開催しようと思います!
2023年の一発目は初のTaigaさん主催イベント!気になる方は是非ご参加くださいませ!
1/28(土)【LT&交流会 @渋谷】Developers Guild (2023/01/28 13:30〜) ## 概要 ゆるくふわっと交流しながら情報交換したりする会 * 「リモート環境で会話が少なくなってる?」 * 「たまには社外の人と話したい?」 * 「情報交換したいけど周りに話せる人がいない?」 * 「周りの人と比べて自分の現在地を知りたい?」 上記が当てはまる方は是非ご参加ください! ゆるっと繋がってゆるっと話ながらゆるっと情報交換しましょう! ## 対象者 * エンジニアさん * デザイナーさん * これから駆け出すエンジニアさん ## 参加条件 下記の条件を満たした上で、参加登録をお願いいたします。 ※条件に満たない場合は、キャンセル措... connpass
また、【運営メンバーを絶賛大募集中】ですので"勉強会の運営をしてみたいなぁ"と思った方は是非私までお声がけください!
以上。最後までご覧くださりありがとうございました!